老眼を少しでも遅らす為に老眼の予防をしましょう

残念なことに私は目が悪くて学生時代から眼鏡をかけていますが、眼鏡をかけての生活というのは慣れないと邪魔くさいですし、慣れた今でも時に不便なものです。

なので視力がいい人が羨ましいと思いますし、今眼鏡をかけずに生活できるのならそれを出来るだけ長く維持して欲しいと思います。

なので老眼の予防について紹介したいと思います。

ちなみに老眼というのは年を重ねることにより、目のレンズの弾力性が失われ調節が出来なくなったり 調節の力が弱くなり近くのモノに焦点を合わることが出来なくなります。

多くの人は40代から60代くらいに老眼を自覚するのですが、かなり個人差があるのです。

40歳以上でも安心の老眼治療などもありますが、きちんと予防をしておけば老眼を自覚する時期を後にズラすことが可能なんです。

実は近頃はパソコン、携帯電話を使用する機会が増えたせいか30代でも老眼の症状が出る人が珍しくないのです。

対策としてはバランスのとれた食生活で、目にいいと言われているのがブルベリーやほうれん草あとはイワシ、ニンジンです。

これらの食材を意識して摂取するように心がけましょう。

また目の使いすぎはNGで目を酷使した後は、温めたタオルを眼のせて眼の疲れをって下さい。

またデスクワークの場合は定期的に背伸びをして体の血行をよくしたり、見るだけで疲れが取れる3Dアートも最近ではあるみたいです。

そういうのを上手に活用して目の負担を減らしてやりましょう。